oouu22 (oouu22) wrote,

ドコモ、モバイル空間統計実用化

った。

一方、真理はペットボトルのジュースを片手に列をやや距離のある所から眺めていた。

父親の、純粋に作品への評価かは微妙なところだが、人気を目の当たりにしている。

「結構、父さんの小説も凄いのかも。どうも、兄さんのパソコンの中身との違いが私にはわからないけど……」
腕時計 メンズ ブランド
ライトノベルというものを読まない真理からすると、父の仕事はマイナーで地味な仕事に思えた。狙っている客層もニッチな物だろうと思っていた。読書は文学や学問関連の書籍が多い彼女からすると違いがよくわからないのだ。

一度父の本を開いたが、左ページが絵、右側には「絶!」と一文字大きなフォントの字があるだけのページだった。真理はその地点でその本を閉じてしまった。未知の形式に脳が追いつかなくなったから。

兄がパソコンで遊んでいるどれも有り得ない髪型をした女性が多く登場するゲームとの差異は正直つけてない。我が家の男は……と思っていたりもする。

「あれ?あそこにいるの……」

真理が誰かに気付く。行列の半ばほどの地点。そこに一人、やや前方にもう一人。あの辺りは、確か整理券をもらった最後の方の人がいる場所だとおぼろげに彼女の記憶にある。つまり、来る予定でサイン会に訪れた人だということだ。

見覚えのある人たちだった。確か、あれは。真理は口で炭酸が弾ける刺激を感じながら、記憶を掘り返していく。

「そうだ、兄さんの弓道部の写真。上の方にいた人と、後真ん中にいた部長さん、|東(あずま)さん、だったかな」

兄と同級生で、弓道部の部長だったはずだと思い至る。もう一人は写真に写っていたのは覚えているけど名前はわからない。彼女が兄から教えてもらった名前は頼るべき東さんと近づいてはいけない息吹さんだけなのだから無理もない。
時計 パネライ
こんな場所に訪れることをやや意外に感じながら、それでも真理は話しかけてみようと思った。父のサイン会に来てくれた、兄と関係のある人なのだ。挨拶くらいはしておこうと思っても不思議な事ではなかった。

幸い、サイン会の列はポールとロープで区切られている。傍まで行っても割込みだと思われることも無い。

真理はペットボトルを控え用にあてがわれた部屋に置くと、東と思われる人のいる場所に向かった。どうやら、東女子は誰かと一緒のようだ。三人組でイベントに訪れているようだった。他の二人は見た覚えも無いが、真理は躊躇せず進んだ。彼女は大人しそうな印象の外見と異なり、行動は結構大胆だった。しかもギャップを強調させる為としか思ってもらえないが、真理は空手の実力者だ。既に中学生の域ではない。高校に進んでも続けるつもりで、彼女が広く名を知られるようになるのも遠くない話、そう囁かれる程度の実力を有している。

「あの、もしかして東、先輩ですか?」

「え?あ、ええ。私東だけど、ごめん、どこかで会った?」

「いえ、写真で拝見しました。中津原高校の弓道部の部長さんですよね?」

「もしかして部の写真、かな。もしかして部員の」

「はい!深澄真の妹で真理です。今日は父のイベントに来てもらえて嬉しいです!」

深澄真、思わぬ名を初対面の女の子から聞かされ、東ゆかりは明らかに動揺した様子でのけぞる。驚くべき事実が二つも真理と名乗った女の子の台詞にあったのだから納得できる様子だ。

一つ目の驚き、深澄真の名。彼がいきなり海外留学と言うことで高校から姿を消した事は東ゆかりにとって大きな事件だった。
http://www.watchsruler.com
二つ目、父のイベント。つまり今彼女が友人に付き合わされて並んでいるこの何とかいう作家のサイン会は真理の父、つまり真の父のサ
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments