oouu22 (oouu22 ) wrote,

れたアシカのおかげだな

チームメイトに抱きつかれて覆い被されたアシカのおかげだな。
 今はまるで人間ピラミッドで崩れた土台のように埋まっているようだが、あいつを後半投入したギャンブルは最高のリターンをもたらしてくれたのだ。

 さてと、では試合が止まっている今の内に、手早く最後の交代の準備をしよう。疲れの見える明智と山下の代わりに守備的なボランチと右サイドのサイドバックを入れるのだ。そして島津には位置を縦にスライドさせて山下のポジションである右のウイングを任せればいいだろう。
 選手を入れ替える事で時間を消費し、さらにフレッシュな守備的選手に残り時間を目一杯走り回らせる。これで中国の得点チャンスが激減したはずだ。後は武田に「楊からもう離れるな」と命令すれば万全だろう。
 交代の手続きを終えると山形監督はようやくさっきのアシカの特大ループシュートを思い返す。「俺の左足でピッチに虹をかける」と言った名選手が過去にいたが、アシカのシュートは本当に虹のようだったな。アマート レインブーツ
 そう言えば中国では虹は不吉とされていたっけ。髭面を少しだけ綻ばせる。確かに中国チームにとってはあのループはさぞ不吉だったろう。

 ――そして試合は山形監督の予想通りに、そのままのスコアで幕を閉じたのだった。


 第四十九話 勝利した後は喜ぼう
レインブーツ エーグル
 終了の笛を聴くと山形監督はベンチから立ち上がり、交代してベンチに下がって隣に座っている選手達にまず握手を求める。この少年達は重要な試合の途中から外されたとモチベーションを低下させている事もあるから、勝利が確定した瞬間に監督である山形自らが率先して「君達のおかげだ」と握手して彼らの頑張りを認めてまたやる気を回復させるのだ。
 明智に山下、それにアシカの代理としてボランチで先発出場した少年、これからも彼らの力を必要とする場面は必ずあるはずだからな。
 勝った試合でピッチに最後までいた選手達は、逆に精神的なケアの必要がないぐらいテンションが高く充実感に包まれているはずだ。

 そうはいっても試合後の出迎えは重要である。山形は勝利をもたらしてくれたメンバー一人一人と握手を交わし、肩を軽く叩いて労をねぎらう。
 特にアシカと武田に島津といった連中には念入りに肩をばしばしと叩いておいた。これは勝手に動いた事への罰じゃなくてつい激励に力が入り過ぎただけだからな。可愛いレインブーツ
 最後に引き上げてきた真田キャプテンは、少し顔に疲労を滲ませていた。もしかすると今日の試合ではこいつが一番疲れたかもしれない。単に走った距離や運動量だけならアンカー役の方が走っているだろうが、試合で消費されるのは体力だけではない。出国前にマスコミ連中から加えられた精神的な物まで加えると、キャプテンである真田へかかった重圧は山形監督に匹敵するほどとんでもなかっただろう。精神的に成熟が早いとはいえ、まだ十五の少年に背負わせるべきプレッシャーではない。
 その上試合中は最後尾で守備をまとめながら楊へのマークをフォローしていたのだ。さらに皆の精神的支柱であり続けるためには、失点した時も武田をオーバーラップさせた際にも一切動揺を表情にも出せなかったのだ。本当に頼りになるキャプテンだ、素人目にはそう映らないかもしれないが今回の影のMVPである。

 そして今回最大のサプライズは、後半からの出場で二得点とほぼ一アシストのアシカだ。正直今日のこいつは監督が想定した以上にとんでもなくプレイがキレていた。
 もともとゲームメイカーとして期待していたから正確なパスでチームを活性化してくれるだろうと思っていたが、期待以上に活躍してくれたのだ。
 パスやアシストにゲームメイクと期待した役割はもちろんスコアラーとしてもhttp://www.shopforchocolatejp.pw/ レインブーツ ランキング
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments